性病科っての記事一覧 - 新宿駅周辺の性病科 紹介navi

HOME » 性病科って

性病科って

前立腺の診察

前立腺の診察

前立腺とは男性にだけある生殖器の一つとなります。
普段は意識することも少ないでしょうが、こちらが病気になることもあるため、男性にとっては注意したい臓器の一つとなるでしょう。
たとえば前立腺がんなど最近の男性に増えている病気です。
Click≫ 『前立腺の診察』

女性の性病は婦人科?性病科?

女性の性病と婦人科

性病は男女の区別なく感染する病気ですから、女性が性病になることも当然あります。
そのときの治療先の一つが性病科となりますが、婦人科でも対応可能な場合も多いです。
婦人科で受けられるのは、医師の診察、性病検査、薬の処方など、性病治療に必要な対応は一通り受けられます。
女性が性病になったときは婦人科も利用できる場合があると覚えておくといいでしょう。

実際に利用できるかどうかは病院にもよるため、候補の婦人科をいくつか見つけている場合、そちらでは性病治療ができるか、確認の上で利用するといいです。
その病院のサイトがWEB上で見られる場合、そちらをチェックするのもおすすめです。
サイトがない場合は直接問い合わせるといいでしょう。
Click≫ 『女性の性病は婦人科?性病科?』

男性の泌尿器の病気

男性の泌尿器の病気

男性の泌尿器の病気としてたとえばどんな病気があるかというと、まず尿道炎をご紹介しましょう。
男性の尿道は女性より長いため、こちらで細菌感染が起きて炎症が起きることがあります。
自覚症状は排尿時の痛み、違和感、尿道のかゆみ、不快感、尿道からの膿などとなります。
この尿道炎の原因は細菌となるわけですが、その細菌とは性病を引き起こす細菌となる場合もあります。
クラミジアや淋病などの病気に男性の性器が感染すると尿道炎が起きることが多いのです。
性行為やオーラルセックスなどのあとに尿道炎の症状が現れると、それは性病で尿道炎が起きている可能性もあります。
ただ、性病とは関係なく、単純に雑菌が尿道に侵入して炎症を起こすケースもあるため、尿道炎が起きたら性病というわけではありません。
男性の泌尿器で起こる主な病気の一つとして知っておくといいでしょう。
その尿道炎が性病かどうかは、性病に感染する出来事があったかどうかのほか、病院での検査で調べられます。
Click≫ 『男性の泌尿器の病気』

性病の診断

性病かどうかを知りたい

自分が性病かどうかを知りたいときは病院に行って医師に相談することになります。
特定の性病の可能性が高いと医師に診断されたら、自分は性病になっているものと判断できますね。
どちらなのかはっきりしない状態では、性行為をしてもいいのか判断がつかないでしょうし、気になる症状が出ているときにその治療も進められませんよね。
性病の診断を受けるためにも、これを診られる病院を受診してください。
Click≫ 『性病の診断』

性病の検査キットとは

性病の調べ方

性病かどうかは検査で調べることが多いです。
その検査は病院でも受けられるのですが、自宅でこれを受ける方法もあります。
それが検査キットとなります。
インターネットの通販などで販売されており、購入すると自宅にこのキットが届きます。
これの使い方ですが、その場ですぐに結果が出るのではありません。
性病検査は検査物を用意し、それを提出するという流れになります。
これは検査キットでも変わりません。
Click≫ 『性病の検査キットとは』

症状の相談がしたい

これって性病?

今気になる症状があり、それが性病かなと思うときなど、医者に相談したいこともありますよね。
病気のことはやはり医者に相談するのが一番確実です。
そしてその症状が性病の可能性があるかもと思うときは、性病科で相談するのが一番です。
内科などかかりつけ医がいる場合、そちらで一度相談してもOKですが、性病のことに一番詳しいのは性病の専門医です。
Click≫ 『症状の相談がしたい』

検査費用について

性病検査費用はどれくらい?

性病にかかったかもしれないと思ったら病院で検査を受けることになりますが、このときにどれくらいの検査費用がかかるのか気になる方も多いでしょう。
これについてはあまり費用がかからない場合もあります。
なぜかというと、保険適用の対象になる性病に関してすでに症状が出ており感染の可能性が高い場合、保険診療を受けられることも多いためです。
症状の有無やその病院の対応にもよるのですが、保険診療をやっている性病科などを利用し、すでに排尿時の痛みや尿道からの膿などの症状が出ている場合、保険が適用されます。
そのおかげで治療費の全額のうち一部を負担するだけで済むため、性病検査費用もそれほど高くならないことが多いのです。

保険が適用されたとしてどれくらいの検査費用になるのでしょうか?
たとえば新宿駅近で男性の性病を診ている人気の性病科の例ですが、クラミジアや淋病の検査は診察料込みで3000円ほどになります。
クラミジアや淋病は非常によくある性病ですから、この検査を利用する方も多いでしょう。
そのようなときは各検査3000円ほどで受けられるわけです。

クラミジアや淋病が喉に感染した場合の検査もありますが、こちらも診察料込みで費用は3000円ほどになります。
このほか検査がよく行われる性病として梅毒の検査もありますが、こちらも診察料込みで3000円ほどになりますね。
このように性病検査費用は保険適用となる例も多いため、それほど費用がかからない場合もあります。

保険適用にならない場合は?

先ほどの検査費用の例は保険が適用された場合ですが、保険適用がない場合もあります。
病院によって保険診療の有無は変わるのですが、自由診療しかやっていない病院を利用すると検査費用は全額自己負担となり、総じて費用は高くなりがちです。
さらに自由診療の場合は同じ病気の検査でも病院によって値段が変わります。
これのおかげで自由診療を選ぶと費用が高くなる場合がありますね。

どれくらいの費用になるのか、例をご紹介しましょう。
新宿駅周辺のある自由診療クリニックの例ですが、性病検査に必要な費用は各項目基本的に8000円となります。
クラミジアや淋病、梅毒などそれぞれの検査1つで8000円かかるのです。
複数の性病を同時に検査したいときなど、もっと費用がかさむ計算になりますね。

このような自由診療の性病科を利用したときのほか、保険適用が認められていない病気の検査をしたいときにも検査費用は全額自己負担となります。
性病科での検査にどれくらい費用がかかるのか、気になる方は利用前によく問いあわせて利用するといいでしょう。

性病の検査項目

新宿駅周辺の性病科を利用すると性病についての診察を受けられますが、このときには検査もお願いできます。
検査結果がないと診断ができない病気など、検査の実施によって調べてもらえます。
このときの検査項目はどうなっているのか、ご紹介しましょう。
Click≫ 『性病の検査項目』